スキンケアの保湿剤の選び方2

Pocket

アトピー肌の方の保湿で大事な保湿として挙げられるのが、皮膚の水分量を保つための保湿です。外敵を防ぐための保湿も大事ですが、同じくらいに水分量を保つための保湿も大事ですので、今回はその水分量を保つための保湿として使用する保湿剤の選び方についてご紹介させていただきます。

まずは、水分を保つために空気中などの外気に存在する水分を自分の皮膚に吸収するための保湿剤です。この保湿剤は外気中の水分を利用するため、湿度が低い場合はあまり効果が見込めません。また、保湿剤には尿素が含まれており少し刺激がありますので、顔以外に使用するのが最適です。

次に皮膚表面で水分を保湿する保湿剤ですが、こちらは湿度が低くてもとても保湿力があります。その代表的な成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸などが含まれている保湿剤を選ぶと良いでしょう。

最後に水分を挟み込んで保湿する保湿剤です。少し分かりづらいですが、皮膚にはいくつかの層があり、その層の間に水分を含ませその水分を保持させることができる保湿剤という意味です。成分の代表と言えるのが、セラミドという成分です。このセラミドはアトピー肌の保湿成分として非常に効果的ですので、症状がひどい方はこのセラミドが含まれている保湿剤を選ぶと良いかもしれません。皮膚の水分量を保つための保湿剤も症状によって3種類に分かれていますので、ご自身の症状に合わせて最適な保湿剤を選びましょう。

Pocket

スキンケアの保湿剤の選び方1

Pocket

アトピー肌の人にとって保湿は症状を抑える一番の良薬と言えるでしょう。その保湿の中でも、外から侵入する外敵と水分の蒸発を防ぐ保湿は非常に重要です。とは言っても一般の人がどのような保湿剤を使用して良いのか、逆にどのような保湿剤を使用してはいけないかというところは細かく分からないでしょう。今回はそんなアトピー向け保湿剤についてご紹介します。

アトピー肌は外からの刺激に弱い為、保湿剤の中でも可能な限り、防腐剤や着色料を使用していない保湿剤を使用するようにして下さい。不必要な添加物を除いた植物性オイルを使用した保湿剤や保湿クリームが良いでしょう。ただし、添加物に厳しい保湿剤であれば何でも良いということではなく、その保湿剤に配合されている脂質によっては肌のバランスを壊してしまうもととなってしまいます。

アトピー肌に良くない脂質の代表と言えばオレイン酸と言われる酸ですので、保湿剤を選ぶ際は配合されている脂質を確認することを忘れないようにしましょう。オレイン酸が入った保湿剤を使用すると、症状が良くなるところか逆に症状を悪化させてしまうことがありますので、もし、購入するお店で薬剤師の方などがいましたら成分について一度詳細を聞いてみた方が確実です。

 

 

Pocket

スキンケアについて

Pocket

アトピー肌は遺伝による発症が非常に多く、未然に症状を防ぐのがとても難しい肌の病気です。しかし、そんなアトピー肌の人でもしっかりとスキンケアを行えば、症状を抑えることが可能です。アトピー肌を発症してしまったら、できるだけ早く炎症を抑えることと肌の水分を保つスキンケア、そして皮膚への刺激を減らすことが非常に重要となります。

この中でアトピー肌の症状を抑えるために最も重要なことはスキンケア。要するに肌の保湿です。アトピー肌の方に必要な保湿は大きく分けて2つあります。

1つ目は外から侵入する外敵と水分の蒸発を防ぐ保湿、2つ目は皮膚の水分量を維持する保湿です。1つ目ですが、アトピー肌の方は肌が乾燥してくると、皮膚をかいてしまって更に炎症を起こしてしまうという悪循環となってしまいますので、まずはその表面の乾燥を防ぎ、皮膚表面をしっかりとコーティングしてくれる保湿剤を使用して下さい。2つ目の保湿ですが、1つ目の保湿剤で皮膚表面をコーティングしましたので、あとは自身が持っている肌の水分とその肌に足りない水分を補充してあげ、その水分を維持してあえることができる保湿剤を使用して下さい。この2タイプの保湿剤を日常的に使用することで、アトピー肌の方の症状はある程度抑えることができると言えるでしょう。

Pocket

スキンケアが必要なアトピー肌とは?

Pocket

多くの人を悩ませているアトピー肌。アトピー肌とは一体どういう人のことを言うのでしょうか?アトピー肌は列記とした皮膚の病気です。病名はアトピー性皮膚炎と言い、湿疹やかゆみなどを伴い、ときには良くなったりもしますが、良い悪いを繰り返すような病気です。一般的には、湿疹やかゆみなどが6か月以上続くと慢性のアトピー性皮膚炎と判断されます。

アトピー肌に起きやすい湿疹ですが、その特徴としては次の通りです。まずは湿疹した場所に赤みがあり、かゆくてかいてしまうと液体が出てきたりします。そして左右対称に湿疹ができることが多く、湿疹が出てくる場所として多いのがおでこや目・口・耳まわり、首やわき、手足の関節の内側などといった場所です。

アトピー肌になりやすい人の特徴として、ご家族にアトピー肌の方がいたり、喘息やアレルギー性鼻炎などの方がいたりと体質を受け継ぐ場合がとても多いです。従って未然に防ぐことが難しい病気がアトピー肌と言えるのです。

皮膚は、いろいろな肌の成分により外からの外敵の侵入や水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいるのですが、アトピー肌の方はこれらのバリア機能が一般の方より弱まっている為、外敵が侵入しやすくなっており、湿疹やかゆみを引き起こす原因となっているのです。皮膚が弱まっているところに自分でかいてしまったり、汗や紫外線などの外的要因によりアトピー肌の症状をひどくしてしまったりしており、アトピー肌は非常に悪循環を引き起こしやすい病気ですので、しっかりとしたスキンケアを心掛けましょう。

Pocket